watchmyitems Blog 乾燥肌のスキンケア

乾燥肌のスキンケア

屋内, 人, 女性, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

乾燥肌の予防・改善の対策は?

女性に最も多い肌悩みといえば、お肌の乾燥ですね。

乾燥肌はドライスキンとも呼ばれ、女性の多くはお肌の乾燥を一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

乾燥肌は、さまざまな肌悩みや老化の原因につながってしまうため、乾燥肌の予防や改善がそのままエイジングケアともいえます。

また、原因が多岐にわたるので、スキンケアはもちろん、日常生活で気をつけるポイントもたくさんあります。

では、そんな乾燥肌を予防、改善するには、どうすればいいのでしょうか?

この記事では、ナールスコムの「乾燥肌の症状・原因と予防や改善の対策」の記事を参考に、乾燥肌の原因をはじめ、予防や改善の対策をご紹介します。また、美容医療による治療についてもご紹介します。

そもそも乾燥肌とは?

乾燥肌とは、皮膚の表皮の最上部の角質層の水分量が低下して、肌が乾燥した状態です。

ドライスキンとも呼ばれ、肌の保湿物質である皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質が減ってしまうことで保湿する力が弱まり、水分量が減って20%を下回った状態になってしまったお肌を指します。

つまり、乾燥肌はバリア機能が低下することで保湿能が下がった状態。

保湿能とは、角質が水分を保持する能力のことですが、肌の内部、外部に問題があったり、加齢や環境変化で低下します。

たとえば、次のような症状があれば乾燥肌かもしれません。

洗顔後、よく顔がつっぱる

唇が乾燥することが多い

肌が白い粉をふくことがある

肌の表面が厚く、触るとざらざらする

化粧のノリが悪いことが多い

目尻の小じわが目立つときがある

肌がよくかゆくなる

肌に赤みがでることがある

こうした乾燥肌はキメも乱れ、お肌の透明感もなくなってしまいます。

乾燥肌が続くとどうなる?

乾燥肌が続くと、肌が敏感になることがあります。
これは、乾燥性敏感肌と呼ばれます。

また、肌が自らを守るための皮脂を過剰に分泌して、肌の内部はカラカラなのに、 表面だけがテカテカな状態になります。これがインナードライ肌です。

このように、乾燥肌はインナードライ肌や敏感肌と深い関係があります。

さらに進むと粉吹き、かゆみ、痛み、ひび割れなどの症状もみられます。

ここまで症状が進むと、皮脂欠乏性湿疹、乾燥性皮膚炎と呼ばれ、皮膚の病気として治療の対象になります。

また、皮膚の乾燥は、アトピー性皮膚炎ほか、皮膚の病気にも悪影響を与えます。

顔では、頬や目の周り、口の周り、顎周り、くちびるなどが乾燥しやすいパーツです。

乾燥肌の原因

乾燥肌の根本的な原因は、バリア機能の低下です。
バリア機能とは、肌を外的な刺激から守り、角質層に水分を閉じ込める肌の本来のはたらきのことで、次の3つから成り立っています。

皮膚の表面で皮脂腺から分泌される皮脂と汗などが混じってできる皮脂膜

角質細胞にあるアミノ酸や尿素でできた天然保湿因子(NMF)

角質細胞を埋めるセラミドやコレステロールなどの角質細胞間脂質

この3つは、保湿の3大因子とも呼ばれています。

皮脂膜は、皮脂と汗などでできた油性の膜です。肌表面を覆うことで、角質からの水分の蒸散を防ぎます。

天然保湿因子は、ターンオーバーの過程でフィラグリンと呼ばれる成分からできます。
角質層内で水分を吸着することで角質層の水分を保持します。

角質細胞間脂質は、セラミドが約50%の成分です。
油分で角質層を挟み込んでミルフィーユのような構造「ラメラ構造」をつくって水分を保持します。

この3つが十分にはたらいている時は、肌は乾燥せずに健やかな状態が保たれています。

しかし、加齢によって保湿の3大因子の量は減っていきます。

特に、女性は30歳代後半から皮脂の分泌が減少し、乾燥しがちになります。
また、高齢になればなるほど、発汗量が減少し、皮膚も薄くなるため、乾燥肌になりやすいのです。
一方、子供も皮脂の分泌が少なく、高齢者も皮脂が少なくなるため、乾燥しやすいといえます。

また、外的・内的な要因によってもバリア機能がダメージを受けることがあります。

乾燥肌の原因の内的要素としては、年齢を重ねてお肌が薄くなること、女性ホルモンの分泌の低下、乱れた食生活、病気やよくない生活習慣などがあります。

外的要素としては、外気の乾燥、急激な温度や湿度の変化、大気汚染、花粉などのアレルギー源など外部環境などが挙げられます。

乾燥肌の予防や改善の対策は?

お肌を乾燥から守り「乾燥肌」になるのを防ぐには、乾燥を招く生活習慣やスキンケアの習慣を改善しましょう。

基本的に、乾燥肌は角質の水分量が足りない状態です。
そのため、角質を健やかに保つケアが大切です。
角質を健やかに保つことで、その奥の表皮やさらに奥の真皮まで健やかに保つことができます。
この考え方は、コルネオセラピーと呼ばれます。

保湿の徹底

まずは、スキンケアアイテムやエイジングケア化粧品で、肌に合う保湿成分をしっかり補いましょう。

皮脂膜の代わりになる保湿成分は、ワセリンやスクワラン、シアバターなどのエモリエント成分。
また、天然保湿因子の代わりになるのは、グリセリンやナールスゲン、アミノ酸、尿素などです。

セラミドやスフィンゴ脂質、コレステロールなどの成分は、角質間細胞脂質の代わりになります。

ほかにも、セラミドを増やす成分であるナイアシンアミド、 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(両親媒性ビタミンC誘導体)、ライスパワーNo.11も乾燥肌対策におすすめの成分です。

年齢、季節や気温、お肌の状態やタイプに合わせて化粧品を選び、スキンケアやエイジングケアを心がけましょう。

優しいクレンジングと洗顔

エイジングケア世代になると、クレンジングや洗顔にも気をつけることが大切です。
まずは、肌に負担をかけない洗顔を行いましょう。

具体的には、泡やジェルで優しく洗い、手で擦るなどの摩擦を避けることが大切です。

また、洗顔やクレンジングは1分30秒以内で終わらせましょう。

特に、エイジングケア世代になるとバリア機能が低下するので、 アミノ酸系洗浄成分が配合された優しいクレンジング料や洗顔料を使って、潤いを残すことを心がけましょう。

ダブル洗顔も肌の負担になるので控えましょう。

3)生活習慣を見直す

乾燥肌の予防には、日常生活に気をつけることも大切です。

まずは、食生活では肌をつくる材料となる肉、魚、大豆製品などのタンパク質はバランス良く摂りましょう。

また、肌の新陳代謝を促進するビタミンA、皮膚や粘膜を保護するビタミンB2やB6、 酸化を防ぎ免疫を高めるビタミンC、血行を促進するビタミンEのほか、亜鉛や銅などのミネラルも十分摂りましょう。

さらに、質の高い睡眠は成長ホルモンが最も多く分泌され、細胞の修復や再生を促すためターンオーバーの正常化やバリア機能の回復に役立ちます。

そのため、乾燥肌の予防や改善に役立ちます。特に、入眠後の最初の90分~120分の深い眠りが大切です。

美容医療で乾燥肌を改善!

最近では、美容クリニックや美容皮膚科でも乾燥肌の治療を受けることが可能です。

ただし、自由診療となるので全額自己負担となるので注意しましょう。

イオン導入やケミカルピーリングほか、さまざまなメニューを用意しているクリニックもあります。

乾燥肌を治療してよりキレイを目指す場合には、美容医療も選択肢の1つです。

「もっと詳しく美容医療について知りたい」
「美容医療がお得に受けられるような情報が知りたい」
「ほかのお肌悩みにも美容医療を検討したい」

このようなご希望にぴったりの情報を手軽にゲットするなら「ナールス美容医療アカデミー」の公式LINEがおすすめです。

まとめ

乾燥肌とはどういうものなのか、原因や症状、予防や改善のための対策についてご説明しました。

また、乾燥肌の改善にとって大切なスキンケアのポイントをはじめ、生活習慣、美容医療についてもご紹介しました。

この記事「乾燥肌のスキンケア」を参考にして、正しいスキンケアやエイジングケアで乾燥肌の予防や改善を心がけ、健やかな素肌をキープしてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

필요에 맞는 올바른 마사지를 선택하는 방법필요에 맞는 올바른 마사지를 선택하는 방법

기업이 직원의 웰빙을 더욱 강조함에 따라 기업의 출장 정책은 웰빙 이니셔티브를 포함하도록 진화하고 있습니다. 이러한 정책에 출장 마사지 서비스를 통합하여 출장 직원에게 휴식과 스트레스 감소를 위한 필수 도구를 제공합니다. 이